破語乱語 Broken Words

アクセスカウンタ

zoom RSS 「MOMPOU自身によるMOMPOU」

<<   作成日時 : 2006/09/01 15:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、新宿で友人と待ち合わせた際、少し時間が空いたので、南口のタカシマヤ
の上のHMVに寄り、CDなどを物色した。

ちょうどセールをやっていて、安くなっていたJAZZのDVDを買ったりしたが、
クラシックのコーナーも覗いてみると、以前にも見かけて気になっていた
MOMPOUのピアノ作品集が、CD4枚組のセットで1500円ほどという驚きの安さ
だったこともあって、迷わず購入した。

正直なところ、このCDセットを入手するまでは、MOMPOUについて、詳しいこと
は何も知らなかった。ただ、FEDERICO MOMPOU(フェデリコ・モンポウ)という
名前や、ボックスの裏に記された曲名などから、スペインの作曲家であることは
間違いなさそうだし、1893-1987という生没年からすると、「現代音楽風」の
作品を書いた人なのだろうという見込みだけはあった。

実は私は、ファリャFalla、アルベニスAlbeniz、グラナドスGranadosといった
スペインの近現代の作曲家のピアノ作品に近年、強く惹かれていて、とくに、
アルベニスの「Iberia」やグラナドスの「Danse espagnol」のスタイルや響きの
比類のない美しさには、心底感嘆している。

そしてMOMPOUも、これらの巨匠たちと類縁関係にある人なのだろうと考えた
わけだが、この予想はうれしい驚きとともに的中した。購入したCD4枚組のセット
が破格の安さであることは事実だけれど、入手したのにはもう一つ大きな理由が
あって、それは、このCDが作曲者であるMOMPOU自身の演奏を収めたものであり、
つまり、これによって「MOMPOU自身によるMOMPOU」を聴くことができる、と
いうことだ。

作曲家自身の演奏としては、ピアノであればラフマニノフやラヴェルがいるし、
ヴァイオリンならクライスラーやサラサーテの演奏もよく知られている。しかし、
残念ながら彼らの演奏はいずれもレコード創世期の頃のもので、音質の点では
あくまでも「マニア向け」のものということになるだろう。

それに対して、このMOMPOU自身による演奏が録音されたのは1974年のこと
らしく、音質はまずまずだし、何といっても、当時MOMPOUはすでに80歳を
越えていたことになるけれども、演奏にことさらな「老い」は感じられず、
指さばきは手がたく軽やかで、随所で若々しくつややかな響きを聴かせてくれる。

まだよく聴き込んではいないし、作品自体について、何か断定的なことを言える
ほどの知識も私にはない。しかし、「現代音楽風」の新奇さや難解さとは一線を
画しながらも、MOMPOUの音楽には、たしかに現代の音楽だと感じられるような
響きがふんだんに織り込まれていて、とても好ましい。

おそらく、MOMPOUの作品は、今後、20世紀の古典として、より多く演奏され、
より広く聴かれるようになるに違いない。その流れの中で、幸運にも私たちに
遺された「MOMPOU自身によるMOMPOU」は、きっと、いよいよ輝きを増して
ゆくことだろう。

この夏、あなたが何か新しい音楽に出会いたいのであれば、この「MOMPOU自身
によるMOMPOU」を候補にしてみる価値は、十分にありそうだ。

[2006-07-11]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「MOMPOU自身によるMOMPOU」 破語乱語 Broken Words/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる